品質管理基準とは

男性リサイクルトナーを選択するにあたってのリスクを回避するために重要になるのが品質管理基準です。この品質管理基準をクリアした工場のリサイクルトナーであるのなら、不具合は少なくなると考えて問題ありません。品質管理基準には「STMC」「E&Q」「ISO9001」「ISO14001」の3つがあります。工場をチェックするときには、国内か国外かの違いも把握し、国内の工場であるのが望ましいです。

また、保証内容とサポート体制に関しても無視できないところです。リサイクルトナー自体の故障や印刷で起こるトラブルに関しては、交換は期間を設けずに保証されるのが一般的となっています。そのうえで、返金の保証やプリンター本体に対して損害を与えた場合に、どういった対応をしてくれるかに注目しましょう。修理代金の保証があるショップであるのが望ましいです。

いざというときにどういった対応をしてもらえるかが、安心してリサイクルトナーを利用できる理由になります。事前に品質に関して問題ないかをチェックするにあたって品質管理基準を参考にするのは基本中の基本です。そして、保証やサポートに関しても合わせてしっかりチェックしておけば、いざというときに困ることは少なくなっていくでしょう。

信用できるメーカー

リサイクルトナーは会社の経費削減につながるものの、不具合を起こす可能性もないわけではありません。トナー漏れなどを起こしてプリンターの故障原因になってしまう可能性も否定できません。そのため、しっかりとした工場で生産されたものを選択するのがリスク回避につながります。リサイクルトナーはその価格が魅力的である一方で、不具合というリスクがあります。仮に不具合があったとしても、低い確率であるのなら今後も利用していけると思うでしょう。ただ、これが何度も不具合を起こすのならそうはいきません。

トナーもちろん、リサイクルトナーは早めに補充するに限ります。リサイクルトナーの場合は残量がなくなると印刷ができなくなる仕組みであり、純正品の場合はトナー残量を知らせてくれる違いあります。すぐに取り寄せが必要にならないようにするためには、早めの対応が肝心になります。また、プリンターの調子によって純正品以外を受け付けない場合もないわけではありません。この点も事前に確認したうえで選択をした方がよいでしょう。

少なくともこれらの点を押さえておけば、リサイクルトナーをしっかり選択ができるはずです。価格が安いというメリットはあるものの、事前に確認しないといけない点もあることを覚えておきましょう。

品質管理基準とは

リサイクルトナーと経費削減

木リサイクルトナーの利用で、会社の経費削減につながるのが注目されています。リサイクルトナーはまず全国から使用済みのカートリッジを回収し、工場で分解します。分解されたカートリッジは再利用が可能なものとそうでないものに選別されて、選ばれたものが再利用する流れです。選別されたものは丁寧に洗浄され、補充が済んだトナーと組み立てていき、テストを行って合格したものが世に流通しています。リサイクルでないものと比べると品質にどういった違いがあるのかが気になるところになるでしょう。

本当は安いリサイクルトナーを使いたいと思っているものの、品質や保証に問題があるのなら安いだけでは選択はできないはずです。リサイクルトナーは純正品に比べると80%程度で購入できる場合もあります。単純に価格だけを比較すると当然ながらリサイクルトナーに分があります。最も気になる点はリサイクルトナーには不良品があるかどうかです。一般的には純正品の場合は1%程度不良品であり、リサイクルトナーの場合は3%程度不良品といわれており、何ら遜色ない数字となっています。ただ、工場によって仕入れルートや製造マニュアルが異なり、得意不得意があるのが事実です。

リサイクルトナーを利用するのは会社の経費削減につながる大きな理由になります。ただ、だからといっても選択すればよいというわけではありません。どういった点に注意しないといけないのかを把握すればいざ選択するにしても問題ないでしょう。

信用できるメーカー